神待ち少女とは、要するに援助交際をもくろんでいる少女です

出会い系サイトを利用して真剣に恋人探しがしたいとか、真面目な目的で利用している人にとっては、神待ちという存在について「時間の無駄だ」としか思わないかもしれません。実際に私も神待ちをしている少女と知り合ったときは、時間をムダにしてしまったとかなり悔しい思いをしましたが、でも逆に考えれば、こういう存在に騙されてしまうことっていうのは(だまされるという言い方には少し語弊があるかもしれませんが)自分にとって勉強になるというか、たいていはいい経験になるものです。

特に出会い系サイトを利用し始めたばかりの人が始めて騙されてしまうというのであれば、ある程度は仕方のない部分もあります。一度目の失敗を教訓にして、二度と同じ失敗をしないためにはどうすればいいかということを考えるといいのです。
出会い系サイトを利用している限り、様々なトラブルを完全にさけることはできませんが、それでも、詐欺や人間関係のトラブルに関するパターンをある程度頭に入れておくことで、自分がそういったトラブルに巻き込まれるリスクをかなり下げることができます。

私が出会い系サイトを利用して知り合った神待ちは、悪徳な出会い系サイトにいるようなサクラとはちょっと違いました。
神待ち少女ですといいながら、その正体は実際は悪徳な出会い系サイトからやってきたサクラであるというパターンはあるので、そこら辺に関しては本当に充分ちゅういしなければならないのですが、私の場合は相手がそこまで悪質ではなかったので、神待ちに出会ってしまったこと自体はついてなかったけれど、深刻な詐欺に巻き込まれることがなかったというのはラッキーだったかなと思います。

私が出会い系サイトを利用して知り合ったのは、神待ちをしているといいながら、援助交際が目当ての女性でした。神待ちの希望者の中には、援助交際が目当てだという女性も結構いるので、そこらへんについては覚えておいてもいいでしょう。どういう意図があるのか完全に理解することは難しいのですが、おそらく、自分が神待ちをしているということをはっきり言い過ぎると、それだけでは「こいつは悪徳サイトに出没するようなサクラではないか」というふうに疑われてしまう可能性が高く、それでは自分が損をするので、まずは自分が普通に出会い系サイトを利用している会員なのだということを強調するために、神待ちをしているというふうに男性に伝えるのです。

もちろん、ある程度出会い系サイトを利用している期間が長く、サイトに関する知識が頭にある人だったら、神待ちをしているというのがつまりどういうことなのかということについてはいちいち説明する必要がないので、言ってみれば、「私今ちょっと親とケンカしてて家に帰れないから、一晩だけ泊めてくれない?」くらいの簡単なやり取りで言い訳です。

神待ちをしている少女はNGという男性も多いですが(せっかく介抱してあげても、見返りがすごく少ないという場合が多いので)別に一晩くらいいいよという男性の間では契約が成立するということでしょう。

私が出会い系サイトを利用して知り合った少女は、はっきり言って「慣れているな」という感じでした。
おどおどした感じが全くなかったので、私と知り合う前からすでに何人もの男性を相手に援助交際をしているだろうということが伺えました。
もちろんそんなことをわざわざ本人に尋ねるようなことはしていないのですが、こっちもそれなりに人生経験みたいなものを積んでいるので、なんとなくわかるんです。

私は個人的に、そういうタイプの子も全く嫌ではないと考えるタイプなので、喜んで相手をしましたが。どうせすぐに別れることになるのがわかっていたので、あまり深入りしないようにしました。たとえ自分が恋人との出会いを望んでいたとしても、このように援助交際が目当てだという女の子に出会うことは、自分にとって勉強になります。

確かに、援助交際が目当てだという女の子は、自分が相手から嫌われてしまうようなことがあればお金がもらえなくなるかもしれないという可能性を常に考えているので、男性に媚びるというか、ちょっと気を遣い過ぎている部分もあるのですが、それでも、全く異性とのコミュニケーションをとらずにいる状態よりかは、ずっと勉強になります。

それに、私が実際に援助交際が目当てだという女の子と知りあった際に思ったのですが、出会い系サイトを利用して恋人を探す時のコツとか何かある、と聞いたら、女性ならではの視点でいろいろとアドバイスをもらえることがあります。
もちろん、その見返りとして追加でお小遣いを請求される場合も少なくないのですが。

人気の神待ち掲示板厳選pickup!【神待ち掲示板で出会いGET】

2016年3月5日

Posted In: 出会うための自分磨き