セフレ募集で何をうめるのか

セフレ募集をしたことがありますが、そのときの気持ちは自分でもよくわかりません。
単にセックスがしたかっただけなのか、それとも寂しい気持ちを紛らわしたかっただけなのか。
どちらの気持ちもあったかもしれませんが、本当のところはわかりません。
性欲を満たすだけの関係であるセフレは、相手も同じように気持ちをもっていなければ成立しません。
少しでも感情移入してしまえば、そこからセフレ関係がおかしくなってしまうのです。
経験した僕が言うのですから間違いありません。
僕は過去にセフレの相手を好きになってしまいました。
それもかなり本気で好きになりました。
最初は本当にセックスだけを楽しんでいたのですが、だんだん彼女の性格や仕草などが愛おしくなってしまいあるとき好きだと言う気持ちを口に出してしまったのです。
それから彼女は僕に対して、なんとなく態度がおかしくなっていきました。
最終的にはセックスだけの関係ができないのなら、関係を解消しようと言われてしまいました。
彼女とセックスができなくなってしまうことよりも、彼女の顔をみられなくなってしまうことでかなりショックを受けてしまった僕は、しばらくセックスしたいという気持ちにもなれませんでした。
セフレ関係がこうして崩れてしまう瞬間は、とてもさみしいものですし虚しい気持ちになります。
セフレ募集で彼女と知り合って関係を続けていたのに、いらぬ感情をだしてしまったばっかりに残念な結果になりました。
割り切って関係をもたないと、こうした結果を招きます。
セックスフレンドは、その名の通りセックスだけを楽しんでいればいいのです。
多少の感情ももってはいけないものなのです。
性欲を満たして、心の寂しさをうめるセフレ。
僕はまたセフレを最近みつけましたが、彼女に対しては感情をもたなようにしています。
過去のような経験をしたくないからです。
セフレ募集では多少簡単に当ては探せますが、目的は恋人ではなくセックスする相手なのです。

セフレを募集する女性が多い有名サイト→【http://sehureyondeboogie.com/

2015年11月24日

Posted In: セフレの存在価値